2010-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帳簿

ボスのソセフィナから仕事をお願いされました。
氷の売り上げの「帳簿をつけてほしい」とのこと。

自分の仕事以外の頼まれ事が多いのには慣れましたが、毎回次のような話になります。

私>「全然つけてないの?」
フィナ>「少し前はつけてたけど、忙しくて忘れてた。」
私>「いつから忘れてたの?」
フィナ>「2008年から・・・」
私>「サイロシやファヌエリに頼めないの?」
フィナ>「彼らは計算が苦手だから。」
私>「私がやっても意味が無いような気がするよ?だって、あと1年3ヶ月で日本に帰っちゃうからね。私が帰った後は誰がやるの?」
フィナ>「コーイチが帰ったら、また考えるよ。」
私>「それならサイロシかファヌエリと一緒にやるよ。やり方を教える。」
フィナ>「彼らとやると時間がかかるから、コーイチがやってほしい。財務省に提出しなければいけないんだ。」

結局、一人でやる事になります。

彼女は毎回「一時しのぎ」で良しとします。
それでは意味が無いと思いますし、私がここにいる必要は無いと思います。

こちらの人は、「誰かにやってもらおう。」的な考え方があたりまえになっています。特に政府系の職員に多い気がします。
品物を壊れるまで使い、壊れたら誰かに修理してもらおう。
修理できなければ他国の援助で「買ってもらおう」としますし、待っていれば誰かが修理してくれると思っているようです。
この国には、日本、アメリカ、オーストラリ、ニュージーランド等の国々から沢山の援助が入っており、国民は援助慣れしています。
ハアパイに赴任以来、沢山の人から「日本の援助で○○を買ってもらえないか?」と頼まれます。

援助してもらうのではなく、自分たちで何とかする事を考えてほしいと思い、話しますがわかってもらえません。
この意識を変えるのは無理なのかもしれませんが、残りの任期で粘り強く伝えていくつもりです。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:pikaichi501
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (97)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。