2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揉め事

今朝、トンガ人が揉めていました。

氷を買いにきたお客さんなのですが、氷の生産が間に合わず毎回取り合いになってしまいます。
ほとんどのお客さんは漁業者で、穫れた魚の運搬時に氷を使います。
製氷機が小さい事、氷の需要が多い事、職員の認識不足などが揉め事の原因なのですが、毎回頭を悩ませます。

赴任後、ボスから氷の販売を頼まれ、いくつかのルールを決めました。
予約は受け付けない、需要が多い時は販売できる分の氷をシェアする、オフィスの開いている時間以外は販売しない、掛け売りをしない等です。
例えば、昼12時に50キロの氷ができるとし、12時の時点で買いにきた人のみに販売します。事前の予約は受け付けません。4人が買いにきた場合、12キロずつ均等に販売します。中には50キロ一人でほしがる人もいますが、「みんな欲しいからシェアしよう。」と丁寧に断ります。支払いは現金です。

トンガだけに限った事ではないのですが、親戚や知り合いに対し優遇する事があります。
トンガではその傾向が強く、氷の販売で赤字が続き、本局で問題になっていました。値段もまちまちでしたので、あまり良くありません。悪い時で月3万円ほど赤字だったそうです。
そこで私が担当する事になりました。

職場の同僚も親戚や上級職には頭が上がらないらしく、氷の販売は全て私を通します。
つまり、その人達からしたら私は悪者です。氷の売り上げは黒字になり職員は喜んでいますが、お客さんから文句を言われることもあります。
悪質な人になると、政府系職員で王様や大臣を引き合いに出し、大量の氷をお金を支払わず持って行こうとします。同僚はその人が来る隠れてしまいます。ですが、理由を説明しお金をもらいます。

お客さんに理解してもらうため、ルール表を作るようにサイロシに頼むのですが、なかなかやってくれません。私がやるのは簡単ですが、それでは意味がないような気がしますので、サイロシに任せるつもりです。

今朝も、3人の漁業者が購入量について揉めていました。
年長者が「全部売ってくれ。」と言いい、他の2人が困っています。この人はいつもこんな感じで、今朝は特にしつこく他の2人を追い払おうとしていました。
いつも通り、説明し均等に販売しました。
3人のうちの一人が、「ありがとう、今日氷がなかったら漁に行けなかった。」と行って帰って行きました。
嫌がられる事もありますが、感謝される事もあります。

今後、同僚が自分たちだけで販売を行い、黒字を出せるように引継いで行きたいと思います。

トンガはシェア(共有)の文化が強い国です。
浜辺てランチと食べている人の前を通りかかると、必ず「一緒に食べないか?」と言われますし、日曜日の昼食は必ずサイロシが準備してくれます。
ですから、職場では「トンガ人らしくシェアしないとね。」と毎回話しています。
このように説明するのが一番いいようです。

写真は氷を溜めるクーラーと朝の揉め事です。
      R1013589(変換後)
ハアパイで唯一の氷です。今朝は3人が全部買って行き、売り切れになりました。

      R1013590(変換後)
雰囲気が悪かったので、カメラを使って和ませようとしましたが駄目でした。
カメラを向けると笑ってくれるのですが・・・。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://501tonga.blog88.fc2.com/tb.php/79-37b83afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トローリングと寿司と津波 «  | BLOG TOP |  » 海軍

プロフィール

pikaichi501

Author:pikaichi501
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (97)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。