2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨折

私が首都から戻る前日、サイロシの次男が骨折し治療のためサイロシと一緒に首都へ行きました。

アナから話を聞くと、お金がなかったため、ハアパイに来ていた海軍の船に便乗させてもらったそうです。
さすがトンガです。困った時は助け合います。
仕事で色んな船の船長や機関長と話をしますが、毎回、「首都や島に行くなら乗せて行ってあげるよ。」と言ってくれます。

サイロシは仕事を休んで首都へ行きましたが、有給休暇を使っているのではありません。
トンガの人々は家族を大切にするため、「家の用事」があればいつでも仕事を休みますし遅刻もします。
日本とは違い給料が減るわけではありませんので、用事が済むまで仕事に来ません。
サイロシが休みに入り1週間が過ぎましたが、戻ってくる様子はありません。

話は違いますが、トンガには児童養護施設はありません。子供達は両親の離婚、死別などの場合でも、親戚が引き取ってくれます。「たらい回し」等は無いようです。
サイロシの家に半年ほど甥っ子が住んでいました。彼の場合は、父親が海外での出稼ぎ中に、母親が入院した為に、サイロシに預けられたそうです。
日本では子供が捨てられる事はあるようですが、トンガでは親戚が必ず面倒を見ています。

この二つはトンガでは日常茶飯事です。
仕事に来ないので困る事もありますが、こういった文化を持つトンガは「幸せな国」だと思います。
子供が安心して暮らせますし、お金がなくても親戚同士で助け合い暮らしています。
家族の仲が良く、子供達は家の仕事をよく手伝います。だからといってお小遣いを要求したりしません。
時間や約束を守らなくても怒る人もいません。
やる気がある人は少ないですが、皆のんびりしながら生活しています。

少し心配なところもありますが、これで成り立っているトンガは幸せな国だと思います。


最近また、子犬が生まれました。
写真は子犬の様子です。

      R1013684(変換後)

      R1013686(変換後)

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

ラッキーティッキーやね~~!!

かわいす!

Tamoさん
お久しぶり!お二人とも元気?
子犬はNZから帰ったら、全ていなくなっていた。
誰かが盗んだみたい。困ったもんだ・・・。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://501tonga.blog88.fc2.com/tb.php/84-281740f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

帳簿 «  | BLOG TOP |  » 出張

プロフィール

pikaichi501

Author:pikaichi501
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (97)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。